確定申告をする人

株で儲けた時って税金って掛かるの?株で儲けた配当金は「配当所得」とみなされるため税金が掛かることになっています。そのため確定申告をする必要があります。確定申告をすることによって戻ってくることもあるので、確定申告をしましょう。

株を買ったら総会で利益について知るべき

株を買えば株主になることができ、総会に参加することになります。総会を開催する目的は、株主に対して利益などの状態を説明することが一つとしての目的です。出資した人は自分のお金を出しているのですから、企業がどのような経営をしているのかを知る権利があります。ですから、決算発表も行われますし、経営方針についての説明もあります。これらの情報を知った上で、保有し続けるべきかどうかを判断することが必要となります。最近ではネット証券を通じて簡単に買うことができるようになっていますが、株主は出資者であり、会社のオーナーであると言うことは常に意識しておく必要があるでしょう。つまり自分の会社であると言っても良いのです。もちろん自分だけのものではありませんが、一部を自分が所有していると言えます。

例えば、配当金を受け取ることができるのは、自分の会社だからだと考えれば分かりやすいです。自分が出資して作った会社なら、その利益を自分が受け取るのは当然のことだと言えるでしょう。保有している枚数に応じて配当金を受け取ることができるのはこのような理由があるからだと言えるでしょう。総会で議決権を得ることができるのも同じ理由によります。経営者は別の人ですが、保有している枚数によっては経営に直接口出しすることもできます。経営者を選任することもできるのです。経営者の人気が来れば、継続するべきかどうかの議決をすることが必要となりますが、それにも参加することができます。単純に利益を得るために投資をする人もいますが、オーナーであると言うことを考えれば、経営の誤りを指摘することも大事だと考えられますし、そのために総会に参加することは大事なことなのです。